Atelier Monogoto 一級建築士事務所

hr

Atelier Monogoto は日本の北国のライフスタイルに関わる「もの」、「こと」をテーマに考えるデザイン会社です。普段建築を通じてひとの生活に関わる仕事をするうちに、もっと北国の生活を豊かに楽しめるデザインをと思うようになり、ものづくりを始めました。

札幌スタイル認証商品の「時の森」と「コノハ」は、いずれも自然の豊かな北海道に暮らしながら都会生活では普段なかなか触れることのない自然の佇まいをもっと身近に感じてもらえたら、との思いから生まれました。

その中の「コノハ」は初雪の降る頃、カラマツの森に入り黄金色の落葉を集めて来ます。

天日で干し、ゴミを丁寧に選り分け、一枚一枚手作りでシートにします。


デザインの思いを形にする職人さんを自分たちで探し、直接会い、幾度も試行錯誤を重ねて出来上がりました。

「コノハ」のランプシェードに使用しているカラマツの落葉シートが特許を取得しました (2014年3月の記事)

ヨシダオサム(Atelier Monogoto 一級建築士事務所)
住所 札幌市中央区南23条西11丁目1-25-101
電話 011-557-7275
E-mail info@atelier-monogoto.com

 

直営店・オンラインショップ

直営店、オンラインショップはございませんが、JR札幌駅直結の「札幌スタイルショップ」などでご覧になれます他、HPより直接販売をしております。詳しいことはお問い合せください。

公式サイト
 Atelier Monogoto

 

札幌スタイル認証製品

north direction  時の森

毎日植えてもよし、用事のあるときに植えてもよし。木はやがて森に成長し、月の終わりに伐採します。太古から続く人と森の関係を表した卓上万年カレンダー。

north direction  コノハ(ペンダント・スタンド)

毎年大量に生まれる黄金色の落葉を特殊なシートにして、ランプシェードにしました。木漏れ日のような光と仄かな森の香りをお楽しみ頂けます。

 

札幌スタイル認証製品以外にも、こんな製品を作っています

普段は設計活動を通じて北国のライフスタイルを形にしています。

hr