チエモク(株)

hr

チエモク(株)は、北海道産木材を生かした製品作りにこだわり、木製小物を製作・販売しています。代表作は、ミニチュア黒板消しの携帯ストラップ。
懐かしくてかわいいところと、携帯画面のクリーナーにもなる便利さが人気です。たとえば、この商品に使っているのは北海道産緋桂(ひがつら)材。良質材の産地と言われる、日高産の緋桂はきれいな朱色が特徴です。
長い長い時間をかけて成長した、命のある木を、もしくは生きるはずの木を切り倒して木材にする以上、持ち主の役に立ち、長く愛されるモノに変えてあげなければ、木のいのちは報われない。せめて作り手は、精一杯、一生懸命工夫してそれに取り組みたい。そんな風に思いながら、毎日仕事にあたっています。
だから、「チエモクの商品は、おもしろいね」って言われるのかもしれません。そう言われると、とってもうれしいです。


右が代表の三島千枝さん。自社ブランド『Chiemoku』を立ち上げ~、1つ1つ手作りで、オリジナリティある製品を作っています。

黒板消しストラップは、発売から10年間(2013年当時)で売上累計10万個以上のロングヒット商品となりました。でも、今でも販売当初と変わらない、ひとつひとつ手作りで作られています。つくる人の手が増えても変わっても、変わらない品質を保っていられるのは、木に対するそんな思いがあるから。

よく考え抜かれた楽しいアイディアを、丁寧にてまひま掛けた手仕事でカタチにしたい。チエモクは、そんなものづくりを目指しています。

催事では、その場で製品への焼印風名入れを行う事もあり、大変好評です。オンラインショップでも名入れのオプションを受け付けています。

 

チエモク株式会社
住所 札幌市北区新川777-2
電話 011-790-7012 FAX 011-790-7013
E-mail info@chiemoku.co.jp

 

直営店・オンラインショップ

オンラインショップのほかに、2013年6月4日、札幌の円山エリアに直営店「オトナとコドモの木雑貨(もくざっか) Chiemoku」がオープンしました。札幌スタイル認証製品をはじめとした、チエモク製品すべてを取り扱い、各種オーダー製作、名入れサービス(有料)、ギフト包装に応じています。北海道内の木工仲間の作品も展示販売しています。

 

オトナとコドモの木雑貨(もくざっか) Chiemoku
住所 札幌市中央区南2条西23丁目1-27 チサンマンション円山裏参道1F
電話 011-676-3015
※営業日などは公式サイトでご確認ください。

 

公式サイト
chiemoku(オンラインショップ)
 facebook(チエモク株式会社)
 facebook(オトナとコドモの木雑貨 Chiemoku)

札幌スタイルをつくる人
チエモク株式会社 代表取締役社長 三島千枝さん

札幌スタイル認証製品

黒板消しストラップ

一点一点手作り。ふちの金色の留め具は特注で作っているそうです。使用しているうちにだんだんと表情を変える木材に愛着がわき、修理に訪れるお客さまもいらっしゃるほど。

縞々シリーズ


手削りの温もりが感じられる木製皿。シンプルな形状で機能性は抜群です。しっかり塗装しているので、汁物や色の濃い食べ物を入れても色移りの心配はありません。寒い冬の日、温かい食事を楽しんでください。

道産さくら材のカトラリー[pocoシリーズ]


赤ちゃんが握りやすく、すくいやすいデザイン。かじっても割れにくい形状です。特製ガーゼタオルがついたギフトセットもどうぞ。

北海道産とどまつの金封

北海道を代表するとどまつの突板(つきいた)を使用し、紅白と木目でまとめた、シンプルなデザインの金封。

 

 

 

 

札幌スタイル認証製品以外にも、こんな製品を作っています


10周年を記念して制作された「黒板消しブラザーズ」。100%サイズはいつもの携帯の画面拭き、黒板消しストラップ。縦横高さ、それぞれ3倍の300%サイズはパソコンの画面やテレビ画面を拭くのにどうぞ。500%サイズは、ほぼ本物の黒板消しの大きさ。黒板もセットでご用意しました。700%は、男性の靴くらいあるジャンボサイズです。

 

hr