10周年記念「札幌スタイルカフェ」マルシェやワークショップも!(11月15日、16日)

札幌発の製品ブランドとして平成16年4月にスタートした「札幌スタイル」は、この春10周年を迎えました。札幌スタイル初の食とのコラボ事業「Sapporo Style Caf?(札幌スタイルカフェ)」を実施します。

2014年11月15日(土)と16日(日)の2日間、カフェや洋菓子店を運営する(株)アトリエモリヒコ(札幌市・代表取締役:市川草介)の4号店「Plantation(プランテーション)」のイベントスペース「GRENIER(グルニエ)」を使い、札幌スタイル認証製品およびその作家・企業によるマルシェ、ワークショップ、また市内在住のアーティストによるミニライブ、モリヒコの限定ドリンクやフードを提供するカフェを限定オープンします。

札幌スタイル認証製品を持つ企業・作家19社が参加し、認証製品約50製品を展示販売するほか、カフェをテーマにした本イベントの限定商品をはじめ認証製品以外の多数の製品が並びます。マルシェでは9社の企業・作家が店頭に立ち、直接製品の魅力をアピールします。また、これまでにない取組として、札幌スタイル認証製品を使ったカフェコーナーをつくり、来場者に実際に使ってもらいその魅力を感じていただきます。

本イベントは、札幌を拠点に活躍する作家や企業による『札幌らしさ』を表現したプロダクトと、札幌からカフェ文化を発信するモリヒコの『食とおもてなし』による新たなコラボとして、新たな札幌スタイルブランドの活用の第一歩となります。

★「札幌スタイルカフェ」会場でメルマガ会員登録して下さった方には、美味しいモリヒコさんの珈琲パック(1杯分)をプレゼントさせていただきます。
メルマガについて⇒http://www.sapporostyle.jp/corporate/201411/mailmagazine/

 

?Sapporo Style Caf? by MORIHICO(札幌スタイルカフェ・バイ・モリヒコ)

会期 2014年11月15日(土)・16日(日)11:00?20:00 ※最終日は18:00で終了
会場 Plantation(札幌市白石区菊水8条2丁目1-32)

 

<ワークショップ>

★珈琲キャンドル製作/Progressive Candle 福井優子
珈琲豆の香りをうつしたワックスで、珈琲豆をデザインに取り入れたキャンドルを製作するワークショップ。炎を灯すとほんのり珈琲の香り、リラックスタイムを演出してくれるキャンドルです。初めての方も気軽にご参加いただけます。
日時 11月15日(土)13:00?15:00
参加費 3,500円(ドリンク付) 定員8名
予約 TEL 090-9757-7783 mail:candle@s2.dion.ne.jp

★北海道産の木材で作るマイ・エコハシ/チエモク 三島千枝
北海道の白樺木材を使ったマイ箸作りのワークショップ。出来上がった箸にはご希望でお名前を入れることもできます。自分で作った箸で食べるごはんは格別に美味しい!楽しく作って、使って楽しい体験です。
日時 11月16日(日)14:00?16:00
参加費 2,000円 定員6名
予約 TEL?011-790-7012 mail:info@chiemoku.co.jp

 

<限定商品&新作>

・Savon de Siesta 『ソイラテ石鹸』
・Progressive Candle 『珈琲キャンドル』
・チエモク 『木製マグカップ』
・VAS 『tukkunライト』、ほか

 

<限定メニュー>

・札幌スタイルカフェオリジナルブレンド珈琲
・札幌スタイルカフェオリジナルプレート
・札幌スタイルカフェオリジナルスウィーツ

 

<出展者ピックアップ>各作家からのメッセージ

i.d.o
「プロフェッショナルが求める道具を提供する」をコンセプトに使い心地、デザイン、機能美の追求。そのすべてに取り組み洗練されたクオリティーの高いファッションアイテムをご提案致します。


Zionフローリストケースは、「ガーデニングを華やかに、心地よく」「花と自然を、より身近に体感してもらいたい」。1つのファッションを提案し、花と自然をより身近に、それが緑豊かな札幌の街の魅力に繋がっていくことになる。ライフワークに必要な道具をスムーズに収納する機能性と、四季を連想するオリジナルケースをご紹介致します。

・札幌スタイルカフェでは?
「花を添える」をコンセプトにしたフラワーアレンジメント。花の魅力と四季をより感じていただき、楽しさをプラスした一時をご提案致します。

 

Almost jewellery(オルモスト・ジュエリー)by Akemi Sugawara(スガワラ アケミ)
ほとんどジュエリー/たぶんジュエリーの意味ですが、ジュエリーという言葉に囚われない自由な作品作りを目指しております。(既製のジュエリーのイメージを取り払ってもっと楽しい作品を作りたいと思って名付けました。)

彫金の技術を使って制作したシルバー、真ちゅうなどのオリジナルデザインのモチーフをアクセサリーに仕上げています。今回は「Coffee」をテーマにした作品も制作する予定です。

・札幌スタイルカフェでは?
屋根裏風な雰囲気、カフェの雰囲気に合う展示、作品構成にしたいです。皆さまとの出会い、楽しいひと時を楽しみにしております。

 

北の紙工房 紙びより 東野 早奈絵(とうの さなえ)
福井県越前和紙の産地で紙漉き修行をし、札幌市厚別区で和紙工房を開いてもうすぐ2年。
はがき、大判和紙など手漉き和紙を制作。和紙を素材にした作品・文具・雑貨を制作。北海道で和紙の魅力を伝えるため、紙漉きワークショップも開催。北海道の植物で和紙を作る“えぞ和紙プロジェクト”にも取り組んでいる。

ゆきふみ…降り積もった新雪の上に刻まれる足跡をデザインした手漉き和紙はがき。独特の質感が印象的。
ゆきかみ…新雪が降り積もったような、ほこほことした質感が魅力。グリーティングカードにも使えます。
えぞ和紙…北海道で育った植物から繊維を取り出し、漉いた和紙。ざっくりとした風合いは、敷物にオススメです。
大判和紙…色・素材・厚さによって和紙の表情はさまざま。敷物としても使えます。

・札幌スタイルカフェでは?
大好きなコーヒーとのセッション。おしゃれなモリヒコカフェさんとのコラボにワクワクします。限られた制作期間ではありますが、大好きなコーヒーと、それにまつわる世界を創造しながら、和紙の世界での表現を試みます。あなたのほっこりカフェタイムに、和紙のぬくもりが加わりますように…そんな願いを込めながら、新作が生まれたら…。どうぞ、お楽しみに。

 

株式会社 24K 〈24KIRICO〉
24Kの高瀬季里子は、役に立つアートを求め、廃棄されてしまうエゾシカ革を、生活の中に取り入れるということを提案しています。柔らかくてしなやかで、肌触りが良くて軽いというエゾシカの革、オリジナルのデザインとテキスタイルで、使い込むほどに愛着の持てるモノをつくっています。

斜めのデザインが特徴的な、EZO/slashシリーズ。軽くて使いやすいトートバックから、ヒネリを加えたポーチ・ペンケース・キーケース・コインケースなどの小物入れと、手軽におしゃれを楽しめるブローチのアクセサリーなど。今回特別のアイテムも登場します。

・札幌スタイルカフェでは?
新作のバックから、エゾシカ革のあらゆる可能性の提案ができるような素材感とデザインを、是非感じていただきたいです。

 

Progressive Candle(プログレッシブ キャンドル)福井優子
札幌スタイル認証製品『フロストピラー』等の、氷や雪をイメージしたキャンドルをつくっています。音楽はYes などのいわゆる「プログレ」ジャンルをよく聴いていたこともあり、この「前進」「進歩」を意味するProgressiveをブランド名にしています。


テーマカラーを雪のブルーとしたキャンドル作品。「雪は白いもの」というイメージがありますが、良く見ると雪には様々な「色」があります。降り積もった雪に光が透過して、かすかにブルーに見えたり、透明感を伴い完全な白とも青とも違うあの淡い青色があり、それらの子供のころにから感じていた「青」を作品で表現しています。
ひとつひとつ手づくりで丁寧に作ったキャンドルは、煤が出ること無く、長時間美しく燃焼します。冬にこそ、あたたかなろうそくの明かりを楽しんでみてください。

・札幌スタイルカフェでは?
初日にワークショップを開催します。また、会場限定『珈琲フレーバーキャンドル』をご用意しました。森彦さんで焙煎された珈琲豆をロウで煮出して香り移したベースに、バニラやヘーゼルナッツなど相性の良い香りをプラス。スウィーツのように見た目にも美味しそうなキャンドル。リラックスタイムにどうぞ。サイズ直径5.5cm×高さ4.5cm、約4.5時間燃焼します。

 

po-to-bo 島田知子
月寒の小さな工房で、陶器と磁器の器や小物を制作しています。使う時にちょっぴり心がわくわくするようなものを目指しています。日常の中で使っていただきたい作品です。週末には工房併設のミニショップをオープンしています。

札幌スタイルで人気の「スノーフレークヘアゴム」をはじめとした、色々なヘアゴムとブローチなどのアクセサリー。また、ケーキなどをのせてティータイムを楽しく過ごせそうな器など、これからの季節にぴったりのアイテムをご用意しています。今回のイベントに向けて制作した、新作のフルーツモチーフアイテムも登場します。

・札幌スタイルカフェでは?
実際にお手にとって、見て触れて楽しんでいただけると思います。札幌スタイルのアイテム以外のpo-to-boも知っていただけるととても嬉しいです。

 

hikuidori 小笠原未季
hikuidori(ヒクイドリ)という名前でデザイン・製作を一貫して行っています。木を使用したアクセサリーや線画から版を起こすシルクスクリーンワーク、照明作品や花器などのインテリア小物まで、特にくくりを設けずに手のおもむくまま製作しています。

札幌市スタイルでは「とろりシリーズ」という北海道産の木材を使ったアクセサリーが認証されています。雪融けの「とける」ということをキーワードに、身につける方が色々な思いを込めていただけたらと思います。

・札幌スタイルカフェでは?
MORIHICOさんのコーヒーで染めた木のアクセサリーが登場します。お楽しみに。

 

SAVON de SIESTA
大通公園の南側、路面電車がのんびりと走る通り沿いにあるアトリエモリヒコさんのお隣、Siesta Labo.に直営店がある、ココロがホッとすることをコンセプトにした、手づくり石鹸を中心とした札幌発のスキンケアブランド。肌への優しさを考えて、北海道産素材を使いながら自然素材だけで作る石鹸は、ひとつひとつ丁寧に1カ月以上の熟成時間をかけてつくっています。11月には、お店から製造の様子が見える工房がオープン予定です。

定番の固形石鹸、紙石鹸、バスソルト、スキンクリーム、ルームフレグランスに加え、クリスマス時期に合わせてつくった道産のハマナスを使った『野ばらのシリーズ』や『冬のシトラスシリーズ』、会場限定石鹸をご用意しています。わたしたちの製品を手にしてくださったみなさまの、毎日の暮らしに楽しみをプラスできますように。

・札幌スタイルカフェでは?
会場限定『ソイラテ石鹸』(限定100個)を販売いたします。
飲んで美味しい珈琲。肌に潤いを与えハリのある艶やかな肌に整えてくれる化粧品原料でもあります。ソイラテ石鹸は、モリヒコさんの水出し珈琲と保湿効果のある豆乳を配合した洗い上がりの優しい石鹸です。

 

The St Monica
赤ちゃんとお母さんが一緒に使えることをコンセプトにした『BABY&MOTHER』シリーズは、白樺樹液を使って、お肌を美しく、身体を健康に保ってくれるスキンケア製品や飲料、虫よけスプレーなどを展開しています。円山の森彦本店の向かいにある『もみの木SO』に直営店があります。

馬油と白樺樹液を使ったスキンクリームは、肌への浸透力に優れ、皮膚の保湿力を高めてくれるので、これを使った後に化粧水をつけていただくと、乾燥しがちな冬でも長時間肌の潤いが保たれます。同じシリーズの石鹸は優しい泡立ちで無香料、赤ちゃんの沐浴にもおススメしています。道産の有機ベリー7種類を使ったコーディアルは、お湯で割ったり、紅茶に入れたりするととても美味しく召し上がれます。

・札幌スタイルカフェでは?
『BABY&MOTHER』シリーズのスキンクリ―ムや、新製品の化粧水をお試しいただけるほか、有機ベリーのコーディアルの試飲もお楽しみいただけます。

 

チエモク株式会社
北海道産の木材のよさに作り手の工夫をプラスした、暮らしに役立つ木雑貨(もくざっか)を製作している会社です。代表作は、携帯画面のクリーナー「黒板消しストラップ」。他にも、自分で作るマイ箸キット「えこはしくん手作りお箸キット」や、スライド式で名刺がポン!と持ち上がる「木の名刺入れ」など。

今回の「札幌スタイルカフェ」に合わせて製作したのは、「道産木材のカップ」。コーヒーはもちろん、お茶やお酒など、何を入れても様になる木のカップ。陶器やガラスより熱の伝わり方がゆるやかなので、温かい飲み物を入れてもそのまま持てますし、冷たい飲み物を入れた時はカップが汗をかきにくいのです。

・札幌スタイルカフェでは?
当日は、デザイナーで実際に製作も手がける三島千枝が終日在廊致します。マイ箸作りのワークショップも、お楽しみに。

 

その他 出展作品

・木の葉コースター
端材を組み合わせてつくった模様の美しい木の葉モチーフのコースター。札幌スタイルカフェコーナーでご注文いただいた珈琲は、こちらのコースターでお楽しみいただけます。当日販売も致します。

・玉ねぎ染めのコースター
麻糸を染め、はた織りで織りあげ、たまねぎの皮を使って染め上げたコースター。札幌スタイルカフェコーナーでご注文いただいたコールドドリンクは、こちらのコースターでお楽しみいただけます。当日販売も致します。

・コノハ(ペンダント&スタンドライト)
秋から冬にかけて落葉する北国の針葉樹カラマツ。この黄金色に輝くカラマツの落葉をランプシェードに。ほのかな葉の香りとともに、木漏れ日のような優しい光が室内を照らします。札幌スタイルカフェコーナーや会場のインテリアとしてお楽しみいただけます。会場で受注も承ります。

・KINOCCO
道産のセンノキを使用。そこにあるだけで心がなごむ可愛いスツールです。脚はネジで取り外しができ、高さが変えられます。このKINOCCOをつくっている澪工房さんのスツールは、札幌スタイルカフェコーナーでお座りいただけます。

・tukkun
磁石でくっついたり、動いている球が山を登ったり・・・ぬくもりある木とマグネットを組み合わせたさまざまなカタチに姿を変る玩具のようなオブジェ。そして、磁石を入れた山の頂上部分と木の球が影響しあい、山を登ったり斜面を回ったりするおもちゃ?当日は、札幌スタイル10周年を記念したtukkunライトも登場予定です。お楽しみに!

・木のZOO
道産の木材をつかってひとつずつ丁寧に手づくりした、動物の木のかたちの積み木。円山動物園オフィシャルグッズにもなっています。会場では、この積み木で遊べるコーナーもご用意する予定です。

・さくらシート
自然に合う環境色彩レジャーシート。新緑がまぶしいお花見時期の道内の土、草の色がベースです。雲のような表情の不織布の風合いと和の雰囲気が景観になじみ、アウトドアでのひとときをより一層楽しくしてくれます。

・GEL-COOま
札幌生まれの保冷材一体型ランチボックス『GEL-COOL』のホッキョクグマのシリーズ。札幌市円山動物園オフィシャルグッズにもなっているちょっととぼけた可愛いイラストで全国的に大人気!売上の一部は動物園に寄付されています。

 

<出展を予定している企業及び札幌スタイル認証製品一覧>

・i.d.o  Zion(シオン)フローリストケース
・Atelier Monogoto   コノハ(照明)
・almost jewellery クリスタライズ/スパークル(シルバーアクセサリー)
・VAS  tukkun-D、tukkun 山のぼり
・北日本広告社 北の動物おりがみ
・北の紙工房 紙びより わっふるふみセット、ゆきかみ(和紙雑貨)
・草の実工房もく 木のZOOシリーズ
・工房はまなす 藍染め&玉ねぎ染めコースター
・札幌クローバー会 木の葉コースター
・Savon de Siesta 固形石鹸、紙石鹸「初雪」、バスソルト、ルームフレグランス
・GEL- Design 保冷ランチボックスGEL-COOま
・The St Monica BABY&MOTHER(天然馬油クリーム、石鹸、泡石鹸)
・チエモク 黒板消しストラップ、chiemoku.incペーパーナイフ
・24K エゾシカ革バッグ
・hikuidori とろりシリーズ(木のアクセサリー)
・Progressive Candle 雪と氷のキャンドルシリーズ
・po-to-bo スノーフレークヘアゴム(陶器のアクセサリー)
・澪工房 KINOCCO(スツール)
・ワードエム さくらシート
製品の詳細はこちら。http://www.sapporostyle.jp/items/

 

<LIVE ミュージシャン紹介>

金森浩太
小さな日々をほっこりした音色で切りとるギタリスト。 音に想いと物語をのせて奏でます。 FM NORTH WAVE「SMILE MARCHE」内、 「十時(とき)はかなもり」出演中。 ぽろんとライヴをしたり、たまにCDを作ったりしてます。「つむひかり」、「雨上がり、すみれ色」、「いくとおりの」と言う 三枚のCDを発売中。 胸の奥の記憶や風景を呼びおこすインストゥルメンタルです。 ほっとひと息のおだやかな午後や 夜眠る前の静かな時間にどうぞ。

・札幌スタイルカフェでは?
優しい色に包まれながらも、心の柔らかな部分をそっと支える。 そんなオリジナルを中心に、 ノスタルジックな風景の広がるカバー曲も 織り交ぜながらお送りします。 絵本のようにギターの音色を感じていくひと時です。

出演は両日、13:00?13:40/16:00?16:40

 

★キクチマコト
ギター、ウクレレ演奏家。幼いころからピアノやギター、トロンボーンなど、いろいろな楽器に親しみ、ソロ活動や多様なジャンルのバンド等での活動を経て、現在は札幌を中心にウクレレデュオ「あいとまこと」や、さまざまなボーカリストのサポートギター演奏などで活動中。2008年からはウクレレ教室も主宰し「楽しくのんびり」をモットーに指導している。

・札幌スタイルカフェでは?
当日はウクレレでジャズや映画音楽などを演奏します。夏のイメージがあるウクレレですが、どこか寂しげな音色は今の季節にもぴったり。みなさんにのんびりと楽しんでいただけるよう、張り切って演奏したいと思います。ぜひ、お越しください。

出演は15日14:30?15:00/18:00?18:30、16日12:00?12:30/14:30?15:00

 

★クリックすると、大きな画像をご覧いただけます。